絵画・造形教室 第31回「お正月を飾ろう!」

kaiga31

第31回
12月21日
テーマ「お正月を飾ろう!」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
あと三日後はクリスマス・イブ、こどもたちにとっては待ち遠しい楽しみな日、街中はジングルベル一色です。その後は、そうお正月がやってきます。今回はそのお正月飾りをみんなで制作。クリスマス飾りは作ってもお正月飾りを作る機会はあまりないように思います。お正月飾りには門松や鏡餅などがありますが、今回はしめ飾り(注連飾り)をつくります。用意した素材は信州産の稲穂、榊、松、ゆず、水引、紅白和紙など。地方によっては柑橘類のダイダイ、ユコウやユズリハ、裏白(シダ)、コンブなどを使うようです。それらの素材は言葉の語呂で使われているものも多いようで、こどもたちも興味津々、中身の潔白を意味するウラジロ、代々の繁栄を願ってのダイダイ、喜ぶのコンブなどなど。

それらの飾り素材のメインはこどもたちが作る自作のエビ、さてさてどんなエビが登場するのか楽しみです。まずは紅白の和紙で紙垂(しで)を作ります。しめ縄のあいだに挟まっている正方形の端を重ねたギザギザ状の紙で、カミナリを表したものともいわれています。それから水引糸を使って輪飾り、リボン状の花飾りなどを作っていきます。エビは紙粘土で形を作っていきます。美味しそうな車エビや伊勢エビ、頭のおおきなうちわエビ、今はやりのイメージかヒョロヒョロ長~いエビマヨ、そしてカンブリア紀の海の王者アノマロカリスなど個性的なエビができました。それらの素材を稲穂に結びつけて完成です。

こどもたちが願った五穀豊穣、みんなの健康、メデタシメデタシ。伝統に基づきながらもなかなかユニークで立派なお飾りになりました。気持ちうれしくさわやか気分、今回で今年の絵画造形教室も無事終了。





DSCN5394
DSCN5404
DSCN5407

絵画・造形教室 第30回「小枝でつくるマイ・ツリー!」

kaiga30

第30回
11月16日
テーマ「小枝でつくるマイ・ツリー!」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
美しい紅葉の季節です。今年の素材は葉っぱだけではなく、主に小枝を使っての前衛いけばな風創作にチャレンジです。小枝採取は例年同じく八ヶ岳高原、クリやジシャ、カラマツなどの集めた枝を使用します。

さて、集めた小枝をどのように扱い用意した小鉢にいけ込むか。モニターでさまざまないけばなの形をみながら興味を持った作品のひとつが、竹を大胆に使った大きなオブジェ。いけばなの世界を新しく解釈表現した草月流、勅使河原宏の作品です。既存の形式では表現できないその自由な形態、発想に刺激を受けたのか各々で数本の枝を選んで構成し始めます。枝や鉢の大きさに制約はありますが、みんなが自分なりの新しい表現を意識しながらチャレンジ。色を塗ったり針金でつなげたり、横に大きく張り出したりして、前後左右、天地のバランスをとりながらいけ込んでいきました。色付けされた枝と自然の色との対比がおもしろく、また自在に張り巡らせた枝との全体像がこどもたちにどのように感じられたのか。自分で考え自分で作り、自分で眺め認識していく。やはり大切なことですね。