絵画・造形教室 第58回「自分のまわりの地図を描く!」

第58回
5月21日
テーマ「自分のまわりの地図を描く!」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
常日頃、こどもたちは自分のまわりの環境、空間をどのようにとらえているのでしょうか。鳥になり空を飛び、住んでる周りの風景を思い浮かべてもらいます。学校、病院、銀行、コンビニにケーキ屋さん・・・みんなから色んな施設やお店の名前が飛び交います。モニターでは日本史上はじめて正確な国土地図を制作した測量家である伊能忠敬の偉業を鑑賞です。今から約200年前、空から眺められる飛行機もない時代に地道に測量を重ね、科学の粋を集め制作された現代の地図とほとんど違わない、これだけの正確な地図をつくったことのすごさはみんなは理解したようです。

自分の地図を描くにあたり頭に浮かぶイメージを大切に、自分物語の世界を描いてもらいます。そう、自分の物語を地図にするのです。でき上がった作品は「五億年の歴史の街」、「ギドロコスモス(水中)」、「道路の道路」、「未知の街」、「ハートのテーマパーク」、「みんなの道」、「宝石街」など。4歳児から小5まで、自分の世界をイメージした面白い地図ができました。これはこどもたちの「イメージの測量」なのです。

 









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です