絵画・造形教室 第59回「木板に描く七夕祭り!」

第59回
6月18日
テーマ「木板に描く七夕祭り!」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
来月の7月7日は七夕です。織姫(琴座のベガ星)と彦星(鷲座のアルタイル星)が、年に一度だけ天の川を挟んで出会える日・・・ロマンチックです。そしてこの日は自分の願い事を書いた短冊を笹の葉にくくりつけます。こどもたちももちろん知っていることです。そこで七夕や短冊の由来や意味についてみんなで学習してみました。七夕飾りの種類や形、色などを写真やイラストで鑑賞。織姫は織女(しゅくじょ)と呼ばれ裁縫の仕事に関係があることや、彦星は五穀豊穣を願う農業を司っていたり、衣や食や住の平穏を祈ることと関係があることなどがわかりました。そして今日のテーマは短冊に願い事を描いてもらいます。そう、言葉ではなくて絵で表現してみるのです。用意したキャンバスは90cm×15cmの大きな木板短冊です。本物の杉板ですので表面には木目や節がくっきりと現れています。以前使ったヒノキとの違いをクンクンと匂いで認識するこどもたち、さすがです。細長い形や木目模様のキャンバスをうまく利用して願い事がいっぱいの絵馬短冊が完成しました。

こどもたちの願い事は「銀河鉄道999」、「カメとカササギ」、「銀河を泳ぐ自分」、「オーロラ(マッキンレー)」、「かぐや姫」、「星と花畑」、「海の中にいるメダカ」、「花になりたい朝顔」、「チーターの家族の散歩」など。木目をうまくいかした作品や大胆に絵具を盛った作品など、みんな楽しく板絵にチャレンジしていました。

ワタシの願い事:(ウーン、一年に一回じゃなく、月に一度にしてあげてくださいませ~)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です