絵画・造形教室 第79回「はじき絵動物を描く!」

第79回
4月21日
テーマ「はじき絵動物を描く!」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
はじき絵は画用紙に油成分が入ったクレヨンやクレパスで線や絵を描き、その上に水で溶いた絵の具を塗ってはじかせる表現技法のことですね。モニターでその技法で描かれた作品を鑑賞確認し、制作スタートです。今回はみんなが経験している画用紙の代わりに、穴のあいた板ボードを使い、グリッド状の穴の位置を意識しながら自分のイメージする絵を描いてもらいます。正方形や長方形や三角形を意識し、円や波状の線画を組み入れたり、途中、ロウソクを利用して絵の具をはじく経験もしながら、仕上げには針金を使って半立体作品に仕上がりました。
穴グリッドをうまく使った「ステゴザウルス」、潮吹きを針金で表現した「マッコウクジラとダイオウイカの対決」、「ディプロドクス対ハイブリッド恐竜」、「ちょうちんオバケ」、「ケータイ人間」や「車人間」、「犬と猫」など。その他、動物ではないけれど怪しげで素敵な「秘密の部屋のバッグ」、「家の周りの地図」、吸い込まれるような「暗黒の宇宙の星たち」などドキドキ感を連想させるタイトルも。