大人になった虫とり少年

一冊の本を紹介いたします。
「大人になった虫とり少年」 編・著 宮沢輝夫  朝日新聞社刊

この本は、私どもの能楽の師匠が、2年に1度催している会に、毎回ご出演下さる、大蔵流狂言方、山本東次郎師が、人間国宝の指定を受けられたこの春、お祝い返しにいただいたものです。

エピローグによると、本書のもととなった連載は「大人になった虫捕り少年」のタイトルで読売新聞HPにアップされました。
2008年12月から・・・とあります。

そして、そのエピローグを書き始めたのが、2011年3月4日の夜。
書き上げた日付は2012年1月。

プロローグは、米国ミシガン州出身の詩人、アーサー・ビナード氏。
「<昆虫少年>のテーマでインタビューを申し込んだのは2011年2月下旬。取材は3月末。
結果として、3・11以降の昆虫と生態系、ひいては生物多様性を考える時、最も相応しい方から話を聴けたと思う。」
「ビナード氏は少年時代、父親を不慮の飛行機事故で亡くした経験を持ち、震災で家族を失った子供たちから目をそらせないと言います。」(259ページより引用)

小さな蝶や昆虫が震災後の日本に教えてくれる示唆に富んだ優れた著作といえましょう。

そして何よりも私から皆さまにお伝えしたいのは、以下のことです。

虫や蝶を追って野山を走り回った経験を共有する少年たちの間には、年齢も現状もワープした友情が通底している。ということです。
それは一瞬で芽生え、永遠に続きます。
この本に登場する著名人、北杜夫、養老孟司、福岡伸一、茂木健一郎、奥本大三郎、中村哲などの各氏が、その専門分野の場面では見せたことのない、生き生きとした表情で語っている姿は胸をうちます。

人は10歳までに心とからだに刻み込まれた感動を一生の宝とする。モンテッソーリ教育の原点に立ち戻る一冊です。

お教室の入口においてありますので、是非一度お手にとってごらんください。
私どもの教室から未来の虫とり少年少女が生まれていってくれたら、望外の喜びです。

2012年9月 堤 桃子

敬老の日・お月見

9月の第3月曜日は「敬老の日」
もとは聖徳太子が四天王寺に、身寄りのないお年寄りや、病気の人を助ける施設を設けた日といわれます。
その日が9月15日。
1951年に「としよりの日」とされ、2003年からこの祝日が9月の第3月曜日に変更されました。

さて、旧暦の8月15日は「中秋の名月」
すすきや丸いお団子を供えるこの風習も古き中国から伝来したものです。
平安貴族の遊びにうけつがれ、やがて江戸になるとふつうの人たちも月見をするようになりました。
収穫されたばかりのサトイモ、サツマイモ、栗やお団子を、ススキをそえてかざります。
それで芋名月ともいうのですね。

話は戻りますが、今年の敬老の日の月齢は「1」
かぼそい三日月がみえるでしょうか。月明かりがないこの晩は、逆に星を楽しむチャンスです。
歳時記カレンダーには、玄鳥去(げんちょうさる)といって、毎年この頃になるとツバメが南の方へ去っていくそうです。
今年生まれたヒナ鳥にガンバレ~~!とエールを送りたいですね。

※八月十五日と書いて「なかあき」と読む苗字がある。

絵画・造形教室 第5回「みんなでパオを作ってみよう!」

第5回目
9月16日
テーマ「みんなでパオを作ってみよう!」


・・・・・・・・・・
今日のモニター鑑賞授業は著名建築家の建物とユニークで面白いお家を披露。フランク・ゲーリーのスペインにある美術館建物には「お魚だ!」「船だ!」とするどい言葉が飛び交います。
後半は共同でダンボールを使ってパオを制作。まず壁を組み立て屋根を乗っけておおむね完成。窓を開けたりドアを付けたり、中に入れる机を作ったり屋根に付ける煙突を作ったりで
皆が自分の出来る事で協力し合い、素敵なパオが完成しました。前回に続き等身大かそれ以上の空間認識力を身につけることを目的とし、皆が中に入り楽しく夢中になっていました。

教室おすすめの書籍のご紹介

教室がおすすめする書籍をご紹介します。

【ママ、ひとりでするのを手伝ってね!】 相良敦子・著

【モンテッソーリ教育を受けた子どもたち】 相良敦子・著

【子どもは動きながら学ぶ】 相良敦子・著

【お母さんの「敏感期」“モンテッソーリ教育は子を育てる、親を育てる ”】 相良敦子・著

【幼児期には2度チャンスがある】 相良敦子・著

【モンテッソーリ教育が見守る子どもの学び】 松浦公紀・著

【0歳~3歳のちから“モンテッソーリ教育が見守る乳幼児の育ちと大人の心得”】 松浦公紀・著