絵画・造形教室 第67回「カエルを飼ってみたら・・・を描く!」

第67回
3月18日
テーマ「カエルを飼ってみたら・・・を描く!」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
まずはモニターで両生類とはなんぞや?をみんなで学習。水中と陸上の両方で生きることのできる動物を両生類と呼びますね。その代表としてカエルを選んでみました。春になると小川や池には卵がいっぱい見られます。「目玉オヤジだ~!」そう、その目玉から生まれるのがオタマジャクシ。やがて後ろ足が生えてきてカエルの形になってくるんだけど、尻尾はまだ生えたまま。そんな姿を見たこどもたち、なぜか不思議な気持ちでいっぱいです。2ヶ月もすると前足も生えて立派な大人の形になりました。今回は「自分がカエルを飼ったとしたら」を想像しその楽しい世界を絵にしてみました。
「KAERU AIR LINE」機体にはカエルの絵がいっぱい、パイロットも窓から見える乗客もみんなカエルさん。「カエル新幹線」運転席にいるのはしっかりと前を向いたカエルさん、ボディーにはJRだけでなく、KRのロゴも。「カエルのお散歩」リードをつけた二匹のカエル、可愛いです。「カエル合唱団」高い声や低い声、ケロケロゲコゲコと鳴き声が聞こえてきます。「ハエを捕るカエルを狙うヘビ」食物連鎖の世界です。「シャチとカエルおオタマジャクシとぼく」、「カエルとぼくの競泳」、「スカイツリーとてっぺんカエル」他、興味深い自分の世界が描けたと思います。
日本固有種で世界最大の両生類であるオオサンショウウオ、そんなゴッツイやつをおじいちゃんと一緒に捕まえた小学生の話にはみんなで感激です。(もちろん安全な場所まで運んで放してあげましたとさ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です