絵画・造形教室 第91回「自分の印(しるし)をつくる!」

第91回
2021年1月16日  
テーマ「自分の印(しるし)をつくる!」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
自分の印ってなんだろう?思い浮かぶモノは家紋だったり、企業や商品のマークだったりで大人でも難しい。それは大人は考え過ぎるからでしょうか。さて、こどもたちはこのテーマにどのような作品を作るのか大変興味があります。で、今回は印の例として「アイヌ文様」を取り上げました。アイヌ民族の文化や風習から生まれた色んな文様を知るにつれ、自然と密着した生業が眼に浮かぶようです。眼や星、水の渦、樹木の葉などから成りたつ文様に影響を受けたのが、作品にも表れていますね。

今回は限られた素材を工夫しながら、自分マークをつくっていきました。「イチゴ大福うさぎ」「お花キラキラ星」「アイヌきりん」「うさぎのリラちゃん」「おなかにカムイの模様のあるクマ」「神とフクロウ」「カムイのバースディケーキ」「猫の雪の中の散歩」「どら猫」「アイヌのカップケーキと私」「じつは私は渦巻きキャンディなんです」など。福神漬け「カレーライス」にはビックリしたわ。夫々の自己主張から、興味深い作品ができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です